CHRISTIAN ACADEMY IN JAPAN
Christian
Academy
in Japan
September 2018

Meet the Principals


Elementary School Principal: Jean Hino


Elementary school is a wonderful time to learn about God’s world and build new friendships. We are excited to help the students understand our CAJ core values and how they relate to us in elementary school. A delightful children’s book by Kobi Yamada titled, What Do You Do With An Idea? ends with, “And then, I realized what you do with an idea…You change the world.” We want to help the students discover their passions or maybe just a new interest at this time in their life and how they can be a positive influence in the beautiful world that God has given us. Last year we had a tree ‘grow’ in the elementary hallway. Each month we ask the students a question that they answer on a cut out shape that gets hung on our tree. We have started this year by asking students and staff what they are passionate about. As we go through the year we hope to help your child see how they can use their passion to change the world or at least change their little corner.

Middle School Principal: Winnie Langelaar


Middle School can be an interesting time in life.  Students are beginning to explore this world and make steps toward finding out who they are. At CAJ’s Middle School, we provide as many opportunities as possible for students to try new and different things.  We want students to begin to discern and be able to make applications of what they learn to their daily walk. This year’s theme: God is the author of all truth, God created humans in his image and God created humans for community, really gives our Middle School students opportunities to think about all they are experiencing, how we view each other and how they contribute to our CAJ community. Not only do we want them to think about the CAJ community but to also consider the wider community of Higashi Kurume, Tokyo, Japan and the world.  Some of our experiences include visiting and interacting with neighboring schools, working with "Second Harvest" in their outreach to the hungry, and studying countries around the world as well as issues those countries may be facing. We also celebrate with students who have demonstrated one of our twelve “Wall of Honor Character Traits” to their fellow classmates and teachers with our quarterly Wall of Honor celebration. In Middle School at CAJ, we want to disciple our students not only academically, but socially and spiritually, equipping our students to serve Japan and the world for Christ.  

High School Principal: Damon Ealey


The CAJ high school division has experienced some big changes this year, particularly with a change in how we schedule classes. As we pursue our vision to “equip students to serve Japan and the world for Christ”, we look to educate students' minds, souls and bodies. It is our desire to inspire students to pursue truth as designed by God, celebrating the mystery of their uniqueness as they pursue both academic and co-curricular activities. My personal motto is that “failure is an opportunity for growth”. We offer a variety of programs that allow our students to grow and develop skills in critical thinking, presentation skills, and innovation and design. We believe that through the pursuit of biblical truth and character, students will be even more prepared to operate as change-agents for the future.

_DSC5836

校長先生を紹介します


初等部校長:ジーン 樋野


初等部では児童たちは、神様の世界を学びながら新しい友情を育む素晴らしい時間を過ごします。とりわけ今年度は、児童たちが
CAJの核となる価値観を理解できるように力を注ぎ、その価値観と学校生活がどのように関連しているかを教えていきます。「アイデアたまごのそだてかた」というコビ・ヤマダの子ども向けの名作品は次のように結んでいます。「それで、アイデアをどうしたらいいかやっとわかった。君が世の中を変えればいいんだ。」自分が熱心になれることは何か、今自分が興味を持っていることは何か、神様が与えてくださった素晴らしい世界で自分はどんな影響を及ぼすことができるか、そんなことを児童が発見できるよう、手助けしたいと望んでいます。昨年度は、初等部の廊下で木を「育て」ました。毎月、児童たちに質問をし、その答えを型抜きした紙に書いて木に貼りつけていったのです。今年度は、児童たちにも教師たちにも、自分が熱心になれることは何か、という質問をしました。自分が熱心になれることを利用してこの世を変えられる、たとえ小さな世界であっても変えられる、そのような発見を児童たちにして欲しいと願っています。

中等部校長: ウイニー ランゲラー


中等部は、色々な意味で面白い時間を過ごすところです。生徒たちは外の世界に羽を伸ばし始め、自分が何者であるかを発見しようと歩み出す時期です。CAJの中等部では、生徒たちに新しい様々な経験をしてもらう多くの機会を設けています。生徒たちには、そうした機会を通じて、識別する力を身につけ、学んだことを毎日の生活に当てはめていく力を身につけて欲しいと思います。今年のテーマは次の通りです。「神は全ての真実の創造者である。神は人をご自分に似せて創られた。神は人をコミュニティーに生きるものとして創られた」生徒たちには、今体験していることが何なのか、お互いを受け入れることとは何か、CAJコミュニティーにどう貢献していくことができるかを、このテーマを通じて考えて欲しいと思います。CAJコミュニティーだけではなく、さらに広がって、東久留米、東京、日本、さらに世界のコミュニティーのことも考えて欲しいのです。中等部では、近隣の学校との交わりをしたり、セカンド・ハーベストと協力して貧しい家庭へ食料を届けたり、世界の国々とその国のもつ問題を勉強したりします。また、1年に4回行う「ウォール・オブ・オナー」セレブレーションでは、12項目ある美徳を周りの仲間や先生に示した生徒を選んで、共に祝います。 生徒たちが学業の面だけではなく、社会的にも霊的にも成長し、日本と世界でキリストに仕えることができるように成長していくことを私たちは望みます。

高等部校長:デイモン イーリー


CAJ
の高等部は今年大きな変化を経験しました。特に時間割が大幅に変更されました。「キリストのために日本と世界に仕える生徒を育成する」という我々のビジョンの達成のため、私たちは生徒の知、心、体を教育します。神様が形づくった真理を生徒たちは追求します。学問と部活動の両方に励みます。ユニークな存在として自分は創られている、その奥義を喜んで受け入れます。このように生徒たちを励まし、導きたいのです。私の個人的なモットーは「失敗は成長を育む」です。批評できる眼を養う、意見を発表する、改革しながら作り上げる、このような能力を生徒たちが身につけ、成長させていくことができるように、様々なプログラムを私たちは提供します。聖書的真理を求め、聖書的特性を追求することで、生徒たちが未来を変えていく器として整えられていくと信じています。

_DSC5836

Educating the Whole Child


True confession: when I look back on the important lessons I've learned in my life, most of them did not happen while sitting quietly at a desk listening to a monotonous lecture. Research supports this confession. Students learn more when they are actively involved in the learning process. At CAJ, we strive for academic excellence, understanding that students will retain what they learn far better when they are able to explore ideas, ask questions, discuss with peers, make mistakes, move their bodies, create with their hands, conduct experiments, and experience emotions. In other words, they must be fully invested participants in their learning. Sometimes, this means that education moves outside classrooms. It is not unusual to walk across our campus and see a high school class taking part in a historical simulation, middle school students in small groups dramatizing a story, or elementary students seated under the trees writing and illustrating haiku.

Because we believe learning happens in so many active ways, we also place a high value on co-curricular activities. Students might not receive grades for running cross-country, grappling on the wrestling mats, playing the saxophone in Jazz Band, or playing a dramatic role on the stage, but these activities will be important aspects of their education. Through co-curricular activities, students learn teamwork; they gain an understanding of their own strengths and weaknesses, and they find out how far they might be able to push themselves. They may even gain a sense of purpose and discover their passion.

God delights in variety, and we do at CAJ as well. We believe a wide range of teaching strategies and learning experiences help all students learn more about how they reflect the image of God.

_DSC5911-Edit

生徒の全人格を教育する


実を言うと、私が学んだ大切な人生のレッスンは、大人しく教室に座って単調な講義を聴いた結果得られたわけではない、というのが振りかえって思う正直な感想です。実際にこのことを裏付ける報告もあります。子どもは、学ぶプロセスに積極的に関わってこそ多くを会得するのです。CAJの児童生徒は、様々なアイディアを模索し、質問をし、話し合い、時に間違い、体を動かし、手を使い、実験をし、感情表現することで、学んだことを自分の身につけていきます。私たちCAJは、このような卓越した教育の実現に努めています。言い換えれば、学ぶ者は学ぶことに完全にのめり込む必要があるのです。時には、教室の外に出ることも必要です。CAJのキャンパスを歩くと、高校生が歴史上のある場面を演じていたり、中学生がストーリーを劇に転じようとしていたり、小学生が木の下で俳句に興じていたりするのをよく見かけます。

活動を通してこそ人は学ぶ、そのことを確信しているので、私たちは部活動も重要だと思っています。クロスカントリーに参加し、レスリングのマットの上で汗を流し、ジャズバンドでサクソフォンを演奏し、壇上でドラマの役をこなす。どれを取っても成績に反映することではないかもしれませんが、一つひとつの活動が、生徒たちの教育に重要な役を担っています。部活動を通じて、チームワークを学びます。自分の長所、短所に気づきます。自分の限界点を見出すことがあるかもしれません。人生の目的を掴む者、自分は何に情熱を燃やせるのか、気づく者が出てくるかもしれません。

神様は多様性を喜ばれます。CAJでも多様性を喜びます。多様な教育手段と多様な経験学習を通して、CAJの児童生徒は、どのようにしたら自分は神様の御姿を反映していけるのかを学んでいくと信じています。

_DSC5911-Edit

Apply to CAJ